MyanBook

ボケ防止のミャンマー日記ヽ(・∀・)

盗難届は盗難に遭った地区の警察署でしか申請出来ない

スーレー近くのベンガルスンニモスクでムスリムの友達と待ち合わせしてお喋りしながら散歩してたら、マハーバンドゥーラ公園でパニクってる日本人カップルを発見

お腹空いてて早くランチしたかったからスルーしようと思ったけれど友達が「あれ日本人じゃないのー?困ってるみたいだよー」って言うから仕方なく声をかけてみた

そしたらちょっと目を離した隙にカバンが盗まれてしまったとのこと

ビルマ語話せる日本人のおれが救世主に見えたのかミャンマーで盗難届出せるのか、旅行保険は効くのか(そんなの知るか!)とおれに質問攻め…

パンソーダンにツーリストポリスがあるの覚えてたから徒歩で連れて行ってあげた

そしたら盗難に遭った地区の警察署、マハーバンドゥーラ公園ならシャングリラホテルの向かいにあるチャウッダダー警察署で盗難届の申請をしてくれと言われた

「え、無駄に歩いちゃった〜腹減った〜!てか彼女の方歩き疲れただの泣き言うるせーよ!黙ってついて来いや」とは口には出さずにチャウッダダー警察署へ

事情を説明したら署長しか盗難届のサインが出来ないから署長が来るまで待ってくれと言われた

待ってる間署内を見渡したらこんなことが書いてあった

簡単に訳すと、 「国民の皆さまへお知らせ 証明書は適切に精査し無料で発行します」

ティンチョー政権(スーチー政権?)になってから役所での袖の下禁止令が出た影響を感じてクスッと笑っちゃった

「無料で」がデカく強調されているのがポイント

昔は「適当に見て有料で発行」していたんですね

40分くらい経ったら署長が来て紙を渡され「盗まれた状況と盗まれた物を自分で書いて」と言われるw

え、これ盗まれた物を保険申請する時に嘘書き放題じゃんって思った笑

盗まれた場所や時間、盗まれた物を英語で書いて、警察署の印と署長のサインをもらって盗難届の提出は完了

万が一見つかったらおれの友人に電話がいきます

調べてみたところ、盗難届があれば日本で保険申請は可能みたい

ちなみにそのカップルが「えー、英語とか分からない無理ぃぃいい〜」とか言ってて面倒臭かったからおれが代わりに書きました 笑

にしても盗まれた地区でしか申請出来ないって不便だなぁ

日本ならどこでも出せるのになぁ

留学中に警察署に行ったことがなかったので結果的に面白い経験ができました(´ω`)

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村